Nissan Tokyo Motor Show Stars – Teatro for Dayz, Gripz, and 2020 Vision

By Steve & Tamami Laser, with Nahoko Osuka reporting from Japan

(Update: We visited the 2015 Tokyo Motor Show and have photos and videos of these concepts in our story. Click here for Part 1 of our show coverage.)

151005-01-06Nissan has pulled the wraps off its 2015 Tokyo Motor Show lineup, revealing something new, something borrowed, and something gold, (instead of blue). The biggest surprise is the new Teatro for Dayz concept targeting the digital native generation.

DAYZROOXtms2BWe recognized the Dayz moniker that’s currently used on members of Nissan’s mini vehicle (Kei car) family. We saw the Dayz Roox (above) premiere at the last Tokyo Motor Show in 2013. This is a taller “super height wagon” version of Nissan’s popular Dayz mini car.

Teatro for Dayz and Nights

151005-01-13

Nissan says Teatro for Dayz is a combination of mobile technologies unlike any previously imagined in a car. Combined with Nissan’s EV technology, this car represents “a radical new way of thinking about how vehicles can be used.”

151005-01-14

According to Nissan’s Product Planning General Manager Hidemi Sasaki, “The generation now getting their first driver’s licenses has always been connected through digital devices, email, social media and so forth. What moves these digital natives is capturing experiences in photos and videos and sharing them. Friends respond with ‘likes’ and share the experience further. What’s important is not whether something is experienced personally or virtually. What matters is the process of sharing.”

151005-01-39

Sasaki calls this generation “share natives.” For share natives, excitement comes not from ownership of material objects, but from using things to connect with friends and share enjoyment.

For share natives, cars exist outside the orbit of connected life. Many of them describe driving as stressful because they can only share their current experience with the other people in the car. Sasaki says: “What share natives want from cars is not the joy of driving or their own private space, but a better way to connect with friends and share experiences.”

151005-01-37

From concept to interior and exterior design, Teatro for Dayz is simple: a clean canvas. When the car is in drive mode, meters, controls and maps appear on a pure white instrument panel. When parked, Teatro for Dayz transforms into an entirely new device. The entire interior, starting with the instrument panel, becomes a live display for a generation wired for connectivity.

Teatro derives from the Italian word for theater. Nissan says it’s easy to picture share natives making Teatro for Dayz the center of an impromptu outdoor festival, or embarking on serious new-generation gaming fun complete with top-quality sound.

151005-01-41

Share natives could change Teatro for Dayz’s interior design, matching the look to the season, the weather, or simply the vibe of the day. Some might choose to share a dreamy scene with close friends far away. Others might decorate for an online party and share the moment with friends.

Teatro for Dayz’s plain exterior, too, serves as a canvas for ideas. It’s outfitted with LED screens that enable further self-expression. Any experience in or around the car can be shared instantly via an onboard camera. All the while, the EV battery keeps smartphones and other devices juiced up.

151005-01-32

Nissan says Teatro for Dayz’s user interface is based on freedom. When the car is not in drive mode, all the driver sees is a steering wheel, an accelerator and brake pedals. As information illuminates on the white instrument panel, the driver can freely adjust the size and position of the meters, gauges and car navigation information on the instrument screen. Unnecessary information can be hidden.

The solid white interior suggests infinite possibilities for display. As technology evolves and share natives contribute ideas through feedback, Nissan says the variety of ways the interior could serve as a digital native theater will expand.

Get a Gripz on This

150915-01-25

The next concept looks familiar because it debuted last moth at the Frankfurt Motor Show. The Nissan Gripz Concept, conceived by designers in Europe and Japan, aims to blend the ability and practicality of a compact crossover with the excitement and performance of a sports car.

Equipped with an EV-technology-based series hybrid system, Pure Drive e-Power, Nissan says the Gripz Concept delivers a smooth, refined and exhilarating driving experience with outstanding fuel efficiency. Within the system, an efficient gasoline engine powers the same electric motor used in the Nissan Leaf.

150915-01-11

The exterior of the Nissan Gripz Concept is guided by the “emotional geometry” body sculpting concept which depicts strong contrasts through the dynamic, tensional, yet edgy, surface. The interior has a “gliding wing” instrument panel, with an elegantly thin design that combines strength with simplicity.

Concept 2020 Vision Gran Turismo

151005-01-19

Nissan Concept 2020 Vision Gran Turismo, a concept supercar developed in conjunction with Polyphony Digital Inc., the creators of the racing video game Gran Turismo for PlayStation, is designed to further increase Nissan’s sizable presence in the game and beyond.

151005-01-20

The latest creation in the Vision Gran Turismo Project was unveiled at Goodwood Festival of Speed 2014 in the U.K. In new Fire Knight red bodycolor and featuring a new expression of Nissan’s signature V-Motion grille, Nissan says the Concept 2020 Vision Gran Turismo is a real-world embodiment of a virtual car, through which gamers around the world experience Nissan’s dynamic performance and innovation.

Leaf Turns to Gold

151005-01-18

Since the Nissan Leaf’s launch in 2010, over 180,000 have been sold worldwide, making it the world’s best-selling EV. At this year’s Tokyo show, Nissan will exhibit a new grade offering a single-charge driving range up to 280 km (Nissan internal measurements based on Japanese driving conditions) and advanced safety technology, standardized across all grades for the Japan market, including Forward Emergency Braking, which is designed to help drivers avoid or mitigate the impact of frontal collisions, and Lane Departure Warning. Nissan plans to announce the latest Nissan Leaf grades for Japan in November and begin sales in December.

Nissan says a total of 20 vehicles will be on display, including the X-Trail Hybrid Mode Premier and Juke 16GT Four Personalization models; and special-feature models, including the Skyline 350GT Hybrid Type-SP Cool Exclusive, Fuga 370GT Type-S Cool Exclusive and Serena Highway Star V Selection.

日産自動車、第44回東京モーターショー2015の出展概要を発表

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区 社長:カルロス ゴーン)は10月5日、第44回東京モーターショー2015(一般公開日:10/30~11/8、会場:東京ビッグサイト)の出展概要を発表しました。

今回のショーでは世界初公開となるコンセプトカーとして、軽自動車EV「TEATRO for DAYZ」を出展し、新時代の若いカスタマーに対してクルマの新たな価値を提案します。

また、9月にドイツで行われた2015年フランクフルトモーターショーでお披露目した「NISSAN GRIPZ CONCEPT」を日本初公開、さらに「NISSAN CONCEPT 2020 VISION GRAN TURISMO」の最新バージョンも展示いたします。

その他、参考出品として、搭載するバッテリーの容量を増やし、一充電走行距離の大幅向上を実現した「日産リーフ」、市販車をドレスアップした「エクストレイル ハイブリッド モードプレミア」、「ジューク 16GT FOURパーソナライゼーション」、市販車に追加仕様を施した「スカイライン 350GTハイブリッドType-SP クールエクスクルーシブ 」、「フーガ 370GT Type-S クールエクスクルーシブ 」、「セレナ ハイウェイスター VセレクションⅡ」など、計20モデルを展示します。

西展示棟・2ホールに位置する日産ブースでは、上記に加え、自動運転機能をはじめとする日産の最新の取り組み、先進安全技術等を展示にて紹介します。
主な出展車両と技術展示の内容は以下の通りです。

TEATRO for DAYZ – 次世代カスタマーに向けた新しいクルマの価値を提案
2020年以降に運転免許を取得する世代を私たちはShare Nativesと定義しました。彼らはこれまでとは全く異なる価値観をクルマに求めています。それを具現化したのが軽自動車EV「テアトロ for デイズ」です。

『真っ白なキャンバス』というコンセプトで開発した「テアトロ for デイズ」の最大の特徴は真っ白なインテリア。インストルメントパネルをはじめ、シートやドアトリムはキャンバスとなり、彼らの自由な発想でインテリアをアレンジすることをサポートします。彼らのクリエイティビティは、「テアトロ for デイズ」を通じて仲間とシェアされ、より一層、仲間との繋がりは深くなってゆくでしょう。

また、EVである「テアトロ for デイズ」は、時に究極のモバイルバッテリーにもなるため、彼らにとってモバイルガジェットの一つとして映るかもしれません。

「テアトロ for デイズ」は、Share Nativesの自由な発想と創造力によって、新しい価値を生みだす素材となり、クルマとしてだけでなく、コミュニケーションツールとして支持されることでしょう。

NISSAN GRIPZ CONCEPT -シリーズ・ハイブリッドEVシステム 「Pure Drive e-Power」を搭載したスポーツクロスオーバー
今年のフランクフルトモーターショーで初披露となった「ニッサン グリップス コンセプト」は、欧州と日産のデザイナーが共同でデザインした、コンパクトクロスオーバーの性能と実用性、そしてスポーツカーのワクワク感とパフォーマンスを兼ね備えたコンセプトカーです。

パワートレインには、電気自動車(EV)技術をベースにしたシリーズ・ハイブリッド EVシステム「Pure Drive e-Power」を搭載しています。同システムは日産リーフと同じ大容量モーターを採用しており、ガソリンエンジンで発電した電気で駆動します。このシステムにより、高い静粛性とすぐれた燃費、そしてスムーズで素早いリニアな加速が可能となります。

エクステリアデザインは、ダイナミックに流れる面とシャープなエッジが強いコントラストを表現するデザインコンセプト「エモーショナル・ジオメトリー」に基づいて形作られています。インテリアは、最近の日産車にすでに採用されている、グライディングウィング形状のインストルメントパネルを採用しています。この洗練された軽快なデザインは、力強さとシンプルさを両立しています。

NISSAN CONCEPT 2020 VISION GRAN TURISMO -新しいボディカラーで存在感がアップ
2014年6月、英国のモータースポーツイベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2014」にて初公開した「ニッサン コンセプト2020 ビジョン グランツーリスモ」を東京モーターショー2015にて展示いたします。

同車は、「グランツーリスモ」シリーズを開発したソフトウェア会社「株式会社ポリフォニー・デジタル」と日産の協力のもと、「プレイステーション 3」専用ソフトウェア「グランツーリスモ6」の「ビジョン グランツーリスモ」プロジェクトの一環として制作されました。多くのプレイヤーがヴァーチャルな世界で、日産ならではの卓越したパフォーマンスとイノベーションを体験しています。

今回公開する「ニッサン コンセプト2020 ビジョン グランツーリスモ」は、新たなボディカラー「Fire Knight」を身にまとい、日産のデザイン・シグネチャーの一つであるVモーショングリルも更に際立つデザインにリファインされました。これによりゲームの中でもより日産の存在感を高めることになります。
※「プレイステーション」および「グランツーリスモ」は株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの登録商標です。

日産リーフ -走行距離を大幅に向上するとともに自動ブレーキを標準装備
発売以来、グローバル累計で18万台以上を販売し、販売台数世界No.1のEVである「日産リーフ」がマイナーチェンジします。一充電走行距離の大幅向上を実現するとともに、「自動ブレーキ」を全車標準とし、安全性能を向上しました。

一充電走行距離が280km(社内測定値)となるグレードを追加し、衝突回避および衝突時の被害低減を支援する「エマージェンシーブレーキ」、走行中の車線逸脱回避を支援する「LDW(車線逸脱警報)」を全車標準装備しています。同車は、2015年11月に日本で発表、同12月に発売予定です。

【ソーシャルメディアの活用】
今回のモーターショーでは、インターネットのマイクロブログ「Twitter(ツイッター)」や動画中継サービス「USTREAM(ユーストリーム)」等のソーシャルメディアを活用した情報発信を行います。具体的には、日産ブースのプレスブリーフィングやステージ演出の生中継を予定しています。詳細は、日産自動車公式ツイッターアカウント等で順次発信します。URLは以下の通りです。

“PlayStation” and “Gran Turismo” are trademarks of Sony Computer Entertainment, Inc.

News source and photos from Nissan Motor Co., Ltd.

Nissan Dayz Roox photo from Tokyo Motor Show press office

Story ©2015 CarNichiWa.com